ホーム  > 書籍一覧  > 2019  > 乾杯の経済学:韓国のビール産業

乾杯の経済学:韓国のビール産業 高ヒット

乾杯の経済学:韓国のビール産業

著 者:李 光宰

A5判上製 172ページ

ISBN-13:978-4806807230

発売日:2019/07/04

 

【目次】
序 章    11

1 研究課題 12
2 なぜビール産業なのか 17
3 ビール産業の位置付け 21
4 研究範囲・構成 23
コラム 韓国マートで多く売れた輸入ビールは「日本のビール」 24

Ⅰ 植民地期のビール産業    25

1 朝鮮ビール産業の誕生:昭和麒麟麦酒㈱と朝鮮麦酒㈱ 26
2 朝鮮ビール産業における企業の役割:日本のビール会社は何をやって いたのか? 41
3 政府の役割:国はどうやってサポートしていたのか? 43
4 企業のもう一つの役割:原料自給を目指せ! 45
5 朝鮮人の実態:朝鮮人は成長していたのか? 49
おわりに 52
コラム 韓流も追い風 韓国ビール大手、輸出を拡大 54

Ⅱ 解放後のビール産業    57

1 解放直前後のビール産業:「大東亜共栄圏」の崩壊と「南北分断による 地域的な経済循環の断絶」によるカオス 58
2 朝鮮戦争の勃発および復旧作業:何も残らず 64
3 受難の時代:イチからはじめる 72
4 終戦後:立ち直り! 74
5 ビール原料の「自社生産」:原料を国産化せよ! 77
6 醸造技術向上:お雇い外国人を招へいせよ! 81
7 競争の激化:昨日の友が今日の敵へ! 84
8 需要推移:伸びる! 伸びる! 87
9 生産拡張のための増設:より大きくより大きく! 92
10 さらなる「原料自立」:国産化をより進めよ! 97
11 韓独ビール:幻のビール 101
12 協調への長い道:朝鮮ビール裏切る! 102
13 企業努力:新製品の開発、技術力向上、人的資源の開発 105
14 収益・価格・酒税:どのようにして儲けていたのか? 108
15 朝鮮ビールの反撃:王者倒れる! 111
おわりに 116
コラム 「韓国ビールはまずいと書いた記者の尻を蹴りたい」 121

Ⅲ IMF以降のビール産業    123

1 金融危機:最大の試練が襲う! 124
2 ロッテの参入:三国時代 128
3 OBの再奪還:かつての王者が戻ってくる! 130
おわりに 132
コラム KABREWが受賞、韓国初=ブリュッセルビアチャレンジ 134


Ⅳ 北朝鮮のビール産業 金正日のビール工場    135
おわりに 142
コラム ビールを130億円輸出した日本…ほとんどが韓国行き 143

終 章    145
コラム こんなの初めて! エゴマの葉やミカンを使ったビールが続々登場 160

あとがき 163

参考文献 164

 

2019 )
カテゴリ内ページ移動 ( 8  件):     1  2  3  4  5  6  7  8