ホーム  > 書籍一覧  > 2019  > 関東軍特務機関員だったイタリア人の手記

関東軍特務機関員だったイタリア人の手記 高ヒット

関東軍特務機関員だったイタリア人の手記

著 者:アムレトー・ヴェスパ(Amleto Vespa)

訳・解説:鳥居 英晴(とりい ひではる)

46判上製 328ページ

定価4200円+税

ISBN-13:978-4806807285

発売日:2019/07/24

【目次】

序言 H・J・ティンパーレイ    9

第一章 張作霖の部下として    19
イタリア人から中国人になる 19
白奴隷商人 31
張作霖はいかにして殺害されたか 34

第二章 満州事変    41
日本の奉天占領 41

第三章 土肥原特務機関長    51
中国人に災いあれ! 51
土肥原大佐に会う 59

第四章 特務機関第二部    65
日本の政策の説明 65
上官の指示 75
最初の任務 83

第五章 匪賊が部下となる    89
匪賊 影 89
上官がキレる 96
助手たちと会う 103

第六章 独占シンジケート    111
公娼独占権 111
麻薬と堕落 121

第七章 軍用列車の爆破    129
日本軍自縛に陥る 129
トルケマダ二世途方に暮れる 145

第八章 非正規軍の攻撃    153
復讐 153

第九章 リットン調査団の訪問    165
リットン調査団 165

第十章 捕虜の交換    181
称賛と余興 181
報酬を得る 189

第十一章 非正規軍と匪賊    197
「非正規軍」の宿営を訪問 197
愉快な驚き 204

第十二章 カスペ事件    211
流行する誘拐 211
カスペ事件 220
監視を受ける 233

第十三章 新しい「上官」    251
金 容易ではないが早い 251
金 汚い、いつも血がついているわけではないが 266
金 独占の中の独占 272

第十四章 脱出行    283
終末が近付く 283
上海 休息なき避難所 295
妻が語る話 302

エピローグ 311

解説「関東軍特務機関員だったイタリア人の手記」鳥居英晴    317

カテゴリ内ページ移動 ( 8  件):   前  1  2  3  4  5  6  7  8