ホーム  > 書籍一覧  > 新刊  > クオ・ヴァディス? ある愛国少年の転生

クオ・ヴァディス? ある愛国少年の転生 高ヒット

クオ・ヴァディス? ある愛国少年の転生

著 者 彦坂 諦

四六判上製/434ページ

定価4000円+税

ISBN-13:9784806807421 C0093

発売日:8月20日

 

著者 彦坂 諦(ひこさか たい)

 1933年、宮城県仙台市生まれ。父は彦坂忠義(新潟大学名誉教授、原子力物理学者)。1945年、旅順工科大学勤務の父について渡り、1949年10月、大連から「引揚者」として帰国、東北大学で日本史を、早稲田大学大学院でロシア文学を学ぶ。

【主な著作】『ひとはどのようにして兵となるのか ある無能兵士の軌跡第1部』罌粟書房 亜人間の文学 1984年、『餓島1984-1942 ある無能兵士の軌跡第2部(ガダルカナル篇)別巻』罌粟書房 亜人間の文学 1987年、『兵はどのようにして殺されるのか ある無能兵士の軌跡第2部(ガダルカナル篇)』罌粟書房 亜人間の文学 1987年、『『ひとはどのようにして生きのびるのか ある無能兵士の軌跡第3部(フィリピン篇)』柘植書房 1995年、『総年表ある無能兵士の軌跡 ある無能兵士の軌跡最終巻』編著 柘植書房 1995年(いずれも、現在、柘植書房新社で発売中)。

 

あとがきより

 この少年をこのように育てあげた国家は、しかし、一九四五年八月という時点で無惨に崩壊してしまった。この少年の「生涯」は、その時点で閉じられてしまった。にもかかわらず、生きた人間としての彼は、生きつづけなければならなかった。そのために、彼は、必然的に、自分を変えていかなければならなかった。

 

目次

序章 難民となる 7

1 きみに語りかけるのは、未来のきみだ 8

2 難民となる 16

3 なんという無思慮 20

4 いのちがけの旅 32

5 軍事科学研究室へ来い! 37

6 ソ連軍は破竹の勢いで 47

7 祖国喪失 57

第一章 大連一九四五~一九四六 69

1 その日ぐらし 70

2 立売り 80

3 食いもののにおい 89

4 一夜にして立場が逆転した 96

5 暴動だ! 104

6 ソ連兵も一役買っていた 114

7 大連市政府 124

8 中国経済建設学界 135

9 住宅調整 142

第二章 引揚 157

1 「日本人」 158

2 神の試煉 171

3 故郷と呼ぶことを禁じられている故郷 189

第三章 残留 201

1 大連工専官舎へ 202

2 大連日僑学校 210

3 食糧危機 215

4 はじめての工場づとめ 223

5 生首をくわえて走る犬 230

6 けっこうきみは愉しんでいる 236

7 残留を要請されたら? 251

8 国籍の問題 260

9 引揚と残留の仕分け 271

10 夏の歌だ 277
第四章 予感 289

1 金韓民 290

2 学校の空気が変った 299

3 高等部の設置 305

4 紙幣交換 313

5 倦怠を感じる 323

6 自己批判と相互批判 331

7 竹田先生 342

終章 転生 361

1 玄界灘・つるしあげ 362

2 奇妙なパラドックス 366

3 クオ・ヴァディス? 373

補 遺

補遺1 「引揚」とはなんであったのか?  384

補遺2 国共内戦と大連 415

補遺3 中国共産党とソ連 425

あとがき 431

 

カテゴリ内ページ移動 ( 14  件):     1  2  3  4  5  6  7  .. 14