ホーム  > 書籍一覧  > 文学・評論  > 能代 出船抒情

能代 出船抒情 高ヒット

単行本: 152ページ
言語: 日本語
ISBN-10: 4806806366
ISBN-13: 978-4806806363
発売日: 2012/7/30


石川岩七が能代にやってきたのは、明治三十四年。日清戦争の終了から六年、日露戦争の開始まで三年という時期である。北方への開発に一段と拍車がかかるという時代的な背景もあって、空前の繁栄が能代にもたらされている時であった…。

能代の港をモデルにつくられたという、勝田香月の詩「出船」からストーリーが生まれ、……親元を離れ能代に移り住む主人公の青年が、仕事や祭りに誇りを持つ人々との日々を通し成長していく様子や、幼なじみとの再会、能代からの旅立ちを描いている。物語には港町としての能代や役七夕といった歴史や文化が盛り込まれている。(北羽新報、2012.07.31より)

カテゴリ内ページ移動 ( 10  件):     1 ..  4  5  6  7  8  9  10