ホーム  > 書籍一覧  > 2016  > ラディカルに学ぶ『資本論』

ラディカルに学ぶ『資本論』 高ヒット

森田 成也 (著)
単行本: 256ページ
ISBN-10: 4806806870
ISBN-13: 978-4806806875
発売日: 2016/10

2300円+税

 

マルクスの『資本論』は歴史上何度目かの復活を遂げつつある。何よりも、資本主義的生産様式においては、一方の極における富と浪費の蓄積と他方の極における貧困、抑圧、暴力の蓄積とが不可避的に進行することを予言したのは、『資本論』ではなかったか? 今こそ、時代の息吹とともに、新鮮な目で改めて『資本論』をラディカルに学ぶことが求められている。

 

目次

はじめに 7

第1章 水で薄めない入門書─ハーヴェイ『〈資本論〉入門』を読む 15

1、『資本論』の批判的入門書 18

2、『資本論』を読み解く二つの基軸(1)――階級闘争と絶対的剰余価値論 21

3、『資本論』を読み解く二つの基軸(2)――相対的剰余価値と階級戦略 32

4、『資本論』を読み解く二つの基軸(3)――「諸契機の弁証法」 37

5、類書に見られない三つの観点――ジェンダー、フーコー、恐慌 41

第2章 『資本論』から読み解く危機と失業 45

1、『資本論』から読み解く際の注意点 47

2、『資本論』第一巻の「資本蓄積論」で読み解く失業 53

3、『資本論』第一巻の限界を超えた考察 67

4、階級闘争と社会的制度の契機 75

結語として 83

第3章 世界金融恐慌のカラクリを暴く─ハーヴェイ『資本の〈謎〉』を中心に 87

1、『資本の〈謎〉』の第一の部分――金融恐慌に至る二つの流れ 91

2、『資本の〈謎〉』の第二の部分――資本の流れの全体像 99

3、『資本の〈謎〉』の第三の部分――資本の歴史的・地理的展開 112

4、『資本の〈謎〉』の第四の部分――「共–革命的」理論 123

【補論】ハーヴェイの恐慌論とマルクスの恐慌論 135

第4章 マルクスの可能性に新しい光を当てたガイドブック ─ベンサイド『マルクス[取扱説明書]』によせて 141

1、第一のルート――マルクスと現代資本主義 144

2、第二のルート――非決定論的マルクスの発見 148

3、第三のルート――党の問題 157

4、『資本論』理解の不正確さ 166

5、マルクスの現代性 168

【補論】『ゴータ綱領批判』の標準労働日論と公正概念 171

第5章 現代から古典へ─マルクスの経済学を学ぶ 179

はじめに─現代から古典へ 180

1、マルクスにおけるグランドパラダイムの成立 182

2、前期マルクスの経済学――『哲学の貧困』から『賃労働と資本』へ 186

3、マルクス独自の経済学の成立――中期マルクスと「要綱」 195

4、後期マルクスの経済学――『賃金・価格・利潤』から『資本論』へ 200

おわりに――古典から現代へ 207

第6章 マルクスの『資本論』とエンゲルスの『イギリスにおける労働者階級の状態』 211

1、『イギリスにおける労働者階級の状態』の意義 213

2、『資本論』形成史における『労働者階級の状態』 218

3、『資本論』における『労働者階級の状態』 226

4、マルクスの相対的過剰人口論と『労働者階級の状態』 237

カテゴリ内ページ移動 ( 5  件):     1  2  3  4  5