ホーム  > 書籍一覧  > 2017  > 韓国石油産業と全民濟―朝鮮・韓国・北朝鮮石油産業の経路

韓国石油産業と全民濟―朝鮮・韓国・北朝鮮石油産業の経路 高ヒット

著者:李 光宰
A5判上製 260ページ
ISBN-10: 4806806897
ISBN-13: 978-4806806899
発売日: 2017/4/1

4500円+税

 

【目次】

序 章    11

 

  1 研究課題    12

  2 石油産業の位置付け    21

  3 先行研究    27

  4 研究範囲・構成    29

 

第1章 初期の朝鮮石油    35

 

  1 外油社の市場支配と日本の石油業者の反撃    36

  2 朝鮮石油市場:低い需要および高い価格    39

  おわりに    40

 

第2章 朝鮮石油産業の嚆矢:朝鮮石油株式会社    43

 

  1 朝鮮石油産業の誕生    44

  2 企業の役割:資本・経営・技術・販売網の提供    48

  3 朝鮮石油産業の形成過程および政府の役割や企業努力    50

  4 戦争の影響による石油産業の変貌    55

  5 朝鮮人の実態および成長    61

  おわりに    62

 

第3章 朝鮮人造石油株式会社:もう一つの朝鮮石油産業    71

 

  1 日窒の液化工場の概要    72

  2 乏しい生産量および芳しくない業績    78

  おわりに    80

 

第4章 解放後における石油産業    83

 

  1 解放直後の状況    84

  2 朝鮮戦争中の韓国石油    89

  3 援助石油への依存    89

  4 経営・技術面の空白および貧弱な教育システム    92

  おわりに    93

 

第5章 休戦後の朝鮮石油産業    101

 

  1 アメリカの石油統制構造の維持    102

  2 「大韓石油貯蔵会社」(KOSCO)の活動    104

  3 韓国石油産業の「準備段階」および全民濟の登場    106

  4 再挑戦:「韓国石油株式会社事業計画書(1959 年)」    109

  おわりに    111

 

第6章 朴正熙政権下の韓国石油産業    121

 

  1 韓国石油産業の具現化    122

  2 朴政権の石油産業成立への働きかけ    122

  3 全民濟の活躍    127

   ⑴ 全民濟が勝ち取ったガルフ・オイル借款 127

   ⑵ 全民濟が育てた技術者 129

  4 油公の成立    130

  5 企業の飛躍    137

  6 石油製品別国内消費の推移    140

  おわりに    142

 

第7章 韓国石油産業のさらなる飛躍    151

 

  1 新規参入    152

  2 石油危機    153

  3 規模の経済:増設また増設    160

  4 送油管を中心とした輸送手段の拡充    163

  5 油田開発事業    165

  6 技術面:海外依存から自体開発へ    167

  7 石油事業基金制度:政府の役割    168

  8 軽質化・脱黄化の推進    171

  9 商品の多様化および輸出販路の開拓    172

  10 そのほかの合理化    175

  11 自由化および規制合理化    176

  12 海外資本からの脱皮    178

  13 自立化:「合作投資契約の修正」および資本構造の再組織    181

  14 金融危機後における精油産業    182

  おわりに    183

 

 

 

第8章 北朝鮮石油産業    191

 

  1 解放後から朝鮮戦争休戦までの北朝鮮石油業    192

  2 1953〜90 年における北朝鮮石油産業    197

  3 それ以後の北朝鮮石油産業:さらなる奈落    210

  おわりに    216

 

終 章    225

 

参考文献 241

索引 254

 

 あとがき    259

 
カテゴリ内ページ移動 ( 12  件):     1 ..  6  7  8  9  10  11  12  次