ホーム  > 書籍一覧  > 2017  > ドイツ通信「私の町の難民」

ドイツ通信「私の町の難民」 高ヒット

ドイツ通信「私の町の難民」―ヨーロッパの移民・難民の受入れと共生のこれから

早川 学 (著)
46判並製 206ページ
ISBN-10: 4806806919
ISBN-13: 978-4806806912
発売日: 2017/4/1

定価1800円+税

 

【目次】

はじめに 

    ─ドイツ通信87回    2016.10. 3

ドイツに来てから約二十五年 8

 

1─ドイツの〝何が〟難民を受け入れているのか 

    ─ドイツ通信62回    2015.   8. 7

ギリシャ難民問題から考える 18

    ─ドイツ通信63回    2015.11.  5

わが町にも難民が——とにかくドイツ語を教えよう! 24

    ─ドイツ通信64回    2015.11.10

小さな空港敷地跡につくられた難民キャンプ 28

    ─ドイツ通信65回    2015.11.11

ドイツの〝何が〟難民を受け入れているのか 32

    ─ドイツ通信66回    2015.11.12

難民にいち早く対応する教会 37

 

2─押し寄せる難民の波 

    ─ドイツ通信67回    2015.11.17

パリのテロ、その時—— 44

    ─ドイツ通信68回    2015.11.30

押し寄せる難民の波 48

    ─ドイツ通信69回    2015.12.  2

「第九・歓喜」の大合唱で極右派の集会に対抗 55

    ─ドイツ通信70回    2016.  1.  5

アフガニスタンの青年と、シリア・クルド人女性と 57

3─パリのテロと移民、そして難民問題 

    ─ドイツ通信71回    2016.10. 6

パリのテロと移民、そして難民問題 66

    ─ドイツ通信72回    2016. 1.13

15年ぶりに訪れたマラケッシュで見たもの、感じたもの 70

    ─ドイツ通信73回    2016. 1.18

ケルン、フランクフルト他で女性への集団暴行・性虐待が 78

    ─ドイツ通信74回    2016. 1.22

難民問題への「政治的配慮」とは 86

 

4─ユーロ危機と難民問題は切り離すことはできない 

    ─ドイツ通信75回    2016.  3. 8

州地方選で伸長する極右派AfD 92

    ─ドイツ通信76回    2016. 3.14

州議会選挙—切り離せないユーロ危機と難民問題 95

    ─ドイツ通信77回    2016.  4. 7

AfDの台頭は、左派戦後労働者組織と運動の敗北か 103

    ─ドイツ通信77回    2016.  5. 6

アルジェリアとフランスの過去——マルセーユから見つめる 110

    ─ドイツ通信79回    2016.  5. 9

ナチ支配下、亡命者・難民の避難所として——マルセーユから見つめる 118

 

5─ヨーロッパでのテロにみる共通点 

    ─ドイツ通信80回    2016.  5.26

ヨーロッパの中のアラブ社会「モレンベーク」に渦巻く猜疑と不安 126

    ─ドイツ通信81回    2016. 6.30

イギリス国民投票とEU離脱「Brexit」 134

    ─ドイツ通信82回    2016.  8. 1

ヨーロッパでのテロにみる共通点 145

    ─ドイツ通信83回    2016. 8.11

フランスでのISテロの背景にあるもの 150

 

6─ドイツにおける移民・難民の受入れと共生 

    ─ドイツ通信84回    2016. 8.15

私の町「カッセル」の難民対策 158

    ─ドイツ通信85回    2016.  9. 8

難民家族の子どもが幼稚園と学校に行く 166

    ─ドイツ通信86回    2016. 9.19

難民流入、依然として止まらず 173

    ─ドイツ通信88回    2016.10. 9

ドイツにおける移民・難民の受入れと共生のこれまで、これから 182

    ─ドイツ通信89回    2016.12. 4

民主主義は、新自由主義に対抗できるか 192

 

    ─ドイツ通信93回    2017. 2. 6

あとがきに代えて─今、私たちに求められていること 201

 

 

 

 

カテゴリ内ページ移動 ( 12  件):     1 ..  6  7  8  9  10  11  12