働くママと子どもの“ほどよい距離”のとり方

¥ 2,160 税込

商品コード: 978-4806806813

数量

榊原 洋一 (監修),‎ 高石 恭子 (編集)
単行本: 247ページ
ISBN-10: 4806806811
ISBN-13: 978-4806806813
発売日: 2016/07

仕事もママもは、贅沢なんかじゃない!三歳児神話や母乳主義など数々の呪縛をぬぐい去り働いているからこそとれる、親子の“ほどよい距離”を成長別に提案する、今までにない働くママへの応援本!

榊原洋一
1951年東京都生まれ。お茶の水女子大学副学長。小児科医。東京大学医学部卒業。同学附属病院小児科にて研修、その後助手を経て、神経変性疾患の基礎研究のために、米国ワシントン大学に3年間留学し、研究結果を博士論文とする。大学病院に戻ったのち、小児神経学の臨床と研究に明け暮れる間、神経疾患だけでなく子どもの発達とその障害について関心を持つ。また国際医療協力への関心が強まり、JICAのネパール、ベトナム等での母子保健改善プロジェクトに関わる

高石恭子
1960年兵庫県生まれ。甲南大学文学部教授、同大学学生相談室専任カウンセラー。専門は臨床心理学。京都大学教育学部教育心理学科卒業。同大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学。京都府下の母子療育教室セラピスト、精神病院の心理士等を経て現職。乳幼児期から青年期の親子関係の研究や、子育て支援の研究も行う。最近では大学生の保護者を対象にしたセミナーや、男性の育児についてのパンフレット作製なども手掛けている